敏感肌の化粧品選びのポイントと美顔器について

強い洗剤を使ったり、
化粧品を使ったときに肌が荒れてしまったり、
赤みが出る、衣類によって肌がぴりぴりするなどの反応しやすい肌を
一般的に敏感肌といいます。

近年では、ストレスや食生活の乱れ、不規則な生活などによって
敏感肌になってしまっている人が増えてきているのが現状です。

具体的な敏感肌の状態としては、
肌が乾燥していることによって症状が起こってしまいます。

肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、
外からの刺激が入り込みやすくなります。
そのため、化粧水がしみたり、衣類や髪が触れただけでかゆくなってしまう、
化粧品などに含まれるアルコールによって被れて赤みが出てしまうなどが起こるのです。
これは間違ったスキンケアやアレルギー反応、栄養不足などが原因で起こります。

そんな敏感肌の人におすすめの化粧品の選び方としては、
鉱物油、ミネラルオイル、パラフィンやワセリンなどの
含まれていないものを選ぶことが良いとされています。

水分を保持するために必要な油脂としては、
オリーブオイルやホホバオイルなどの肌の馴染みが
いい上質な植物油が使われているものがおすすめです。

アルコール類にも注意が必要で、
エタノールの含んでいるものは蒸発するときに
肌の水分も一緒に持っていってしまうため注意が必要です。
香料も肌には必要の無い機能性のため、スキンケアを行なう場合には無香料の物を選択します。

敏感肌の原因となる乾燥を防ぐためには、
角質層の水分量を補えるものが良いとされています。

角質間細胞脂質に含まれるセラミドを多く含んだものを選ぶことが良いとされており、
肌のバリア機能が低下するとコラーゲンやヒアルロン酸も減少してしまうため、
これらが配合されている物であれば、
弾力やハリのある肌を取り戻すことを期待することができます。

重度である場合には、メイク自体を控えた方が良いですが、
軽度の場合には刺激の少ないパウダー系や保湿成分の配合された
ファンデーションを選ぶことが大切です。

またどうしてもお肌が上手く改善できない時は、
美顔器を使うのも良いでしょう。

化粧品に比べ、成分がお肌に入りやすいですし、
効果もくらべものになりません。
ただ、金額が高いので、簡単に購入できるものではありませんが、
お肌の事を考えるなら、是非1台はほしいところです。

美顔器の選び方や特徴などが
わかりやすく紹介されいます。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です