実は違うかも?思い込み敏感肌が増えているらしい

肌にはあらゆることが原因で炎症や吹き出物など様々なトラブルが起きます。
例えば新しい化粧品や美容液などを塗った際に肌が荒れてしまったりすると、
ご自身の肌には合わなかったのかとすぐに使用をやめる場合があります。

これ以上ひどくなってしまっては大変ですし、
女性であれば肌の悩みは少しでも早く解決したいものですからね。

しかし本当に使用したものが合わなかったことが原因で起こることがありますが、
実は全く違うことが原因で起きることもあるのです。

肌荒れがひどい時は季節の変わり目だとか、
整髪料を使用した時など限定的な場合はありませんか?

ご自身で敏感肌で合う化粧品がないなどお悩みの方は
本当にその化粧品だけが原因か考える必要があります。

せっかく購入した化粧品をすぐに使えないと処分してしまうことはもったいないですし、
思い込みが原因で自然とご自身を敏感肌と決めてしまう場合があるので要注意です。

肌にはトラブルを起こす原因が幾つかありますので、ここで幾つか例を挙げてみましょう。

●季節の変わり目による気温、湿度の変化
●ホルモンバランスの崩れ
●毛先が当たる、整髪料による刺激
●クレンジングや洗顔などが適切に行われていない
●保湿ケアが足りていなくて肌が乾燥状態である

など簡単にあげただけでもこれだけ考えられます。

ある時期になると肌荒れがひどくなるや、
髪を下ろした時にフェイスラインに吹き出物が出やすいなど
一定の条件が当てはまる方は化粧品ではなく違うことが原因かもしれないと疑ってみてください。

あまりにも症状がひどい場合は治療が必要なこともありますので、
その時の状況に合わせて対応することが必要です。
敏感肌だからと過剰に気にしすぎることも、
ご自身にとってはしんどいことですよね。
明確な原因が解明されれば、有効な改善策も出てくると思います。

以上のことをまとめますと、どれだけ肌に優しいものを使用していても
肌トラブルが改善されない場合は病院に相談する、
他の原因を考えてみるなどしてみましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です